睡眠を快眠・安眠

睡眠を快眠・安眠

睡眠を快眠・安眠の生活習慣

睡眠を快眠・安眠の生活習慣 top

睡眠快眠安眠の生活習慣にするために!

 睡眠を快眠・安眠の生活習慣にすろこができず、不眠を訴える方は、人口の5人に1人が睡眠について悩まされていると報告されています。

 また、人生の3分の1の時間は睡眠の時間です。 快眠・安眠のための不眠・不眠症対策に、お役に立てば幸いです。

 眠れないといっても千差万別、そのなかで最も多いのが自分の希望した時間帯(ほとんどが夜)に眠れないという人です。 これを不眠といいます。

 特に、60歳を過ぎると若い頃のように長時間の睡眠ができず、不眠を訴える人が多くなっています。 高齢者のなかには高血圧症や動脈硬化などの原因で眠れない方も多いようです。

●快眠・安眠のために こんなときは要注意!
 夜中に何度も目が覚め、気分が悪く起きられない状態が続く場合はうつ病、夜中に何度も目が覚めるとともに、頭痛やめまい、肩こり、動悸などをともなう場合は神経症、早朝や真夜中に目が覚める、その後眠れなくなるが、眠れなくても平気で動き回れる状態は、躁鬱病の疑いがあります。

 睡眠を快眠・安眠にできない原因の多くは、なんといってもストレス、その影にはほかの疾患が潜んでいる恐れもあり、まずは自分の睡眠状態や眠りの仕組みを知りましょう。

睡眠を快眠・安眠の生活習慣 睡眠を快眠・安眠の生活習慣

睡眠を快眠・安眠の生活習慣

●睡眠を快眠・安眠の生活習慣はどんな役割があるのでしょうか?

 睡眠とは何の関係もないように見える体の不調や日常のちょっとしたミスや事故が、実は原因をたどってみると不眠、というのはよくあることです。

 たかが睡眠されど睡眠、睡眠不足よる事故は日常のなかで多く原因になっています。

 眠ることは、体が正常に機能をするために必要なものです。 睡眠を快眠・安眠にすることで、心身の発達に欠かせない成長ホルモンの分泌が促進されます。

●成長ホルモンは、
 子供の成長するときだけに働くのではなく、大人も十分に眠らない生活や生体リズムを崩した生活習慣をつづけていると新陳代謝が悪くなり、美しい肌を保つことができなくなったり、ホルモンのバランスが崩れ、心と体のの健全な状態が保てなくなってしまいます。

 布団に入って一時間以上たっても寝付けない、夜中に何度も目覚める、起きようと思っていた時間より早く目覚めてしまうなど、これらみな、生体リズムを崩す悪い生活習慣による不眠症の症状です。

 不眠の方のなかには、寝付けない、眠れないと思い込んでいるにすぎず、心配のないケースもあるようです。

 ただの寝不足と軽く見過ごさず、日常生活に支障をきたさないうちに、睡眠を快眠・安眠の生活習慣に改善できるように生活を見直しませんか。

●なぜ人は眠くなるのでしょうか?・・  疲れを感じて眠くなる恒常性維持機構と夜になると生体時計機構のふたつが補い合って働いいるためです。

睡眠を快眠・安眠の生活習慣 睡眠を快眠・安眠の生活習慣 page top

睡眠を快眠・安眠の生活習慣
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C)  睡眠を快眠・安眠の生活習慣  All Right Reserved
「PR」 ストレス解消 健康サプリ 美肌力 がん対策 きになる目の疲れ